読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず短期バイトしたい。

時間ばかりあって、ほんとにお金がなく動けない。

 

動けないので、いろいろなことを考える。

勤務が始まって、1ヶ月もすれば業務も環境も慣れるだろう。

 

その後だ。

比較的、いろんなことに興味があり、飽きが早いと思う。

どんどん、色んな経験していきたいタイプ。

同じことを10年とか、思考停止や保身しかしなくなりそうで恐い。

恐い、というのは自分がおもっきり批判のターゲットにしている今の高齢

と同じになるということ。

 

この先のことを考えておかないとたぶん、このままでいいのか、というジレンマに

ぶつかるときが来るのが予想できる。

 

とりあえず、資金できたら牽引か大型二種を取るのか。そうなると完全にトラック業の人生になる。うーむ。

 

高速バスはやってみたい。ツイッターで今居るめちゃくそ名古屋を批判しているのだけど、名古屋にずっと居るのか、というのも果たして疑問。

 

東京で勝負したい、という気持ちがある。明確じゃないが、最近一度、最上京するべとアパート契約寸前まで行ったのだから多分そうなのだろう。

 

東京ってやっぱり、いいよなあ。情報と人の集積地。ここに比べたら多様性もある。

たった今、France24という海外ニュース番組を見ているのだが、ほんとのほんとうは

海外へ行きたい。

価値観が多様なのが一番だ。

 

オタク文化日本はもうどうでもいい。

なにより、今の日本は緩やかな死に向かって、策をいろいろ放棄している。

 

団塊去った後の次の世代も自分が逃げ切ることだけしか考えていないだろう。

上の世代が考えてることなんて何もない、スカスカだろう。

 

若者は声も上げずにどうする気なのだろうか。

その意味ではシールズはごく健全なように思う。声をあげない方が理解できない。

 

自分でなにかやりたい(起業なりフリーなり)思いがほんとうに強い。

親の価値観に縛られてほんとに視野が狭かったと今更ながらに感じる。

もっと早く気付いて行動していればと。

 

とりあえず、この先のことを考えるべきだ。

答えはまだ出ないな。