読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思いついたので。

前のケーキ工場、といってもマンション1階のテナントを改造しただけ。

あれ(あの製造場面)は消費者である、お客さんが食べる、ということをイメージしては決して作っていない。

ただ、自分(工場長はじめ数人)の毎日の「仕事」として経営本社からのテンプレマニュアルに基づいて材料調合して「モノを作ってる」だけ。

だから、クリームに寄ってくる小さな虫や製造途中に使う型紙やナイロン破片、が

やたら出てくる。

もっと言うと、作り置きしてある生地が入ってる積み重ねられたあのパンケースの上に、従業員の検便とかタバコを平気で置いてる。

唖然。

クソ、ゴミですわ。

 

自分は流通部分担当でそばで見ていたのだけれど、絶対に食べようとは思わない。

要するに、ただの毎日のやっつけ仕事。

 

現実。