代表<クラブ、なのだが完敗の原因が気になって

アップされてる今朝のブラジル戦を再確認してみた。

普段、こんなことほとんどしない。

具体的に言うと何かと異論があるのは承知で超主観。

印象に残ったものから。

清武不要。オールラウンドとか言うが、全てがそこそこ(と言われてる)で

突出したものが無い。大舞台では全くの役立たず。なぜメンバーなのか。

消極的な後ろへのパスオンリー。クラブチーム専用プレイヤーとしか言えない。

香川。言われてることみたいだが、守備が全くだめ。軽すぎ。

あんなのでいいのかと疑問がつくほど。同じくバックパス多くて、

とにかく前へボールを運ぶべき場面で攻めの勢いをなくしてしまう。

相手からしたら、守備の間を整えることができとても好都合。

基本、相手の嫌がることをして、脅威を与えプレッシャーをかける。

その流れの中で得点が生まれる。

岡崎はもっとエゴを出して自分のハバを効かせるプレイしたほうが自分が活きる。

一瞬のカウンターで活きるものを感じさせる。

ちょこちょこ停滞した勢いのないパス回しの中で、縦へ強引にドリブルで抜けるプレイで

倒されはしたが前へ行くし姿勢が出てよかった。意志がでていて使える。

遠藤。もういいでしょ。パスミス多すぎ。やる気ないのかという適当守備。

後ろでの効果のないゆっくりパス回し、チームの攻撃時の勢いを停滞させる主。

真の弱いチーム相手専用プレイヤー。クラブチームレベル。

本田はやはり、やってやるという強い意志がはっきりと出ていた。

前田は使える。シュートの意識がやはり高く持っているのがプレイに出ている。

やはり大舞台では、気持ちが一番大切。その次にフィジカルと走力。

大舞台ではチマチマした技術は二の次の要素。

とにかく少し強引気味にでも前へ行こうとする志向がもっと必要。

香川は調子見てベンチにするくらいにして現在のような特別扱いやめる。

清武、遠藤は国内組とチェンジ。

とりあえずこれだけで攻撃時の重い攻めが変わる。